おこめたべる日記

方向性が定まらないブログ

臨月に入りました

予定日まで1ヶ月を切りました。
と同時に脚のつけね辺りに猛烈な筋肉痛?が襲ってきました。
大した運動をした覚えも無かったので不思議でした。
検索魔なので検索してみると出産に向けて身体が色々と変化しているとのこと。
よくよく調べると臨月からみられる一般的な症状にことごとく当てはまっていたので、自分は本当にわかりやすいなあと思いました。
ともかく同じような前例が沢山あったので安心しました。
先人の体験談は本当にありがたい・・・。
安心はできたのですが最近は胎動が激しくて夜寝づらいのが悩みです。
まあ元気なのにこしたことはないんだけどね!

里帰り出産になるのでうまいこと予定日前後で出てきてくれるといいなあ、と思います。

今日は洋菓子の日

だそうですね。

「今日は日記を書く日だよ」と夫に脅迫されたので書くことにします。
自分の中で文章にして吐き出したいことは諸々あるのですが、気持ちがダークサイドに落ちてしまうのでいまひとつ書くまでに至りません。
(何を書く気なんだ)
自分の内面を整理しようと深淵を覗きこむと引きずり込まれてしまう豆腐メンタルですので。

もう少し気持ちが落ち着いたらゆっくり書き始めようかな、と思います。

それはさておき、今日はかねてから気になっていた、たい焼き屋さんに行ってきました。
かれこれ1ヶ月ほど前からチェックしていたのですが、なかなか思い立てないでいました。
しかし、昨夜自分よりも大きなたい焼きに食べられる夢を見たのでこれは天啓であると思い、出陣することにしました。
ちなみに夢の中のたい焼きは焼き立てだったらしく、中の餡が熱々で飲み込まれた際はなかなか苦しかったです。変な所がリアルでした。
さて実際のたい焼き屋さんですが、普通に美味しかったです。た○ログなどの前評判通り、餡は塩が効いて甘さ控えめ、しっぽまで餡が詰まっていて皮がパリパリでした。

それは良かったのですが、知らない内に自分の中でたい焼きに対するハードルがブチ上がっていたようで、「あっ、うん。まあこんなもんか・・・」という感じに陥ってしまったのがとても残念でした。自分に対して。
気になるお店はチェックしたら過剰に空想が膨らむ前に突撃するのが吉なようです。

そもそも生まれも育ちも和菓子県で街を歩けば和菓子屋にあたる環境が当たり前だったから美味しい餡に対する感動が薄いのかもしれません。
すごい!イキリ和菓子オタクみたいな文章になった!

俺は村上生まれ 小出育ち 近所の和菓子屋だいたい友達

盛り上がってまいりました

お腹が。(物理的に)

まだまだ実感はわきませんが9ヶ月に突入しました。
あと2ヶ月で2世が爆誕するかと思うと胸が熱くなりますね。
胎動もポコポコと可愛らしいものから内側から何かをこそげおとそうとするような生々しいものへ変わりつつあります。
早く出たいのかもしれないけれどもう少し肉つけてからにしような。
カーチャン()との約束だぞ!

なんだかんだで後期に入っても明治村へ行ったり岐阜城行ったり、温泉卵つくったり海見たり絵本作家の記念館へ行ったりと色々なところへ連れていってもらっているので楽しく過ごしています。
ありがたいことだなあ。
その都度日記書けばいいのにね。筆不精はこれだから。

一昨日は夫に喫茶店へ連れていってもらいました。
夫はオシャンなマフィンサンドで、私は糖質の塊のようなパンケーキを頼みました。どっちもとても美味しかったです。(デブ)
夫は付け合わせの黄ニンジンがとても気に入ったようでした。
私は苦手な味でした。食の好みは夫とわりと近い方だと思いますが野菜に関しては戦が起こります。
でも私がご飯担当なので、夫はだいぶ妥協してくれています。
また今度スーパーで黄ニンジンを探してみようと思います。

久し振りのおでかけ

先週末は夫と久し振りにお出かけしました。

公営地獄テーマパークと名高いまんだら遊苑へ行ってきました。
提案したらすぐノッてきてくれた夫に感謝。
予想していたよりはるかに楽しいところでした。

特に、地獄を模した入り口と天国を模した出口直前の建物が印象深かったです。

お腹が張らないか少し心配でしたが、無事出口までたどり着くことが出来ました。
私にとってはちょうどよい散歩コースでした。

良さを説明したいのですが、全体にわたって言葉にしづらいのが口惜しいです。
地獄、怖すぎ。天国、神秘的すぎ。(ボキャ貧)
あとお昼過ぎに行ったせいか、私達の他にお客さんが見られなかったので少し不安になりました。
こんなに楽しいのにお客さんがいないなんて、経営は成り立っているのだろうか、などと。
子供がある程度大きくなったらぜひ連れていきたいです。
でもあんまり小さいうちだとトラウマになるかも。

帰りにあるぺん村でいちごバニラのソフトクリームとコロッケを頂きました。
ソフトはいちご部分が濃いジェラートっぽくてバニラと一緒に食べるとあっさりしててとても美味しかったです。
道の駅的な所で買い食いすると美味しさが5割増しくらいに感じます。

しばらく家に籠りっぱだったのでとてもいい気分転換になりました。
少しずつ近場のお出かけスポットを開拓していきたいものです。

ねんがん の

ウィークエンドシトロン を やいたぞ!

実家におすそわけするために来週に合わせたかったのですが、レモンが冷蔵庫でひからびる前に加工してしまいたかったので。

ただアイシング用の粉砂糖を買い忘れていたので
急いで買い出しに行こうとしたら、お腹でニャム次郎が「やめとけ」アピールをするので(びっくりするくらいお腹カッチカチになった)、大人しく明日行くことにしました。完成はお預け。無念。
せわしないカーチャンですまんな。

ウィークエンドシトロンの「週末に大切な人と一緒に食べたい宝石のようなお菓子」という由来があまりにも素敵だったので、一度作ってみたいと思っていたのです。
美味しく出来ているといいなあ。

お菓子つくりたい欲が

むらむらと沸き上がってきました。

先日夫の誕生日ケーキを作ったのを皮切りにプリンやら何やらをよくこさえるようになりました。
すごく楽しいです。
最近はネット上に素人でも失敗しにくい素敵レシピかあふれているので色々なものに挑戦できて飽きないし。

クリームやデコレーションで気合いの入ったお菓子も好きですが、焼きっぱなしの素朴な焼き菓子も大好きです。
モチはモチ屋、というようにキラキラのケーキは基本プロのとこで購入した方が値段に対して質の高いものを楽しめると考えているので、あくまでおうちお菓子の域で。

ただ問題は私の好むタイプの焼き菓子を夫があまり好まないということです。結果的に一人で作って一人で食べることになるイコール肥る。これは由々しき事態です。

昨日はガトーインビジブルを作ったにも関わらず今日はもうウィークエンドシトロンを作りたくて仕方がありません。
おそらくウィークエンドも夫の好みに合わないと思われるので諦めました。
嘘です。近所のスーパーに国産レモンが見当たらなかったからです。
夫が食べようと食べまいと(もちろん一緒に食べてくれるととっても嬉しいのですが)作りたいものは作りたいのですじゃ。

文字通り週末に作って母上におすそわけしようかしら。

一周年がたちました

昨日は結婚記念日でした。

前日には映画を観に行き、記念日当日には宅配ピザを食べてお祝いしました。

と、結果だけ記すととても充実した記念日のように思えますが、実は母親に指摘されるまですっかり忘れていました。

ある意味とてもわが家らしい記念日でよかったと思います。
一周年にかこつけてサーティワンアイスを食べに行く約束を取り付けました。
ただアイス食べに行きたいだけやん。

結婚するまで実家を出たことがなかったので、自分にとって色々と新鮮で刺激の多い一年でした。
夫とも仲良いばかりではありませんが、基本は良好な関係が続いていると思います。
最近は私の体調が思わしくないので、一緒に旅行に行けないのが残念です。
まだまだ行きたいところはいっぱいあるのに。
もう少し元気になったら近場の温泉でも行きたいね。